光脱毛、レーザー脱毛に向いている部位

waki光脱毛とレーザー脱毛は出力の違いによって脱毛の効果があらわれるまでの期間や、痛みの大きさなどに違いはありますが、脱毛方法としてはそんなに変わりはありません。
光脱毛にしてもレーザー脱毛にしても一度に広範囲を照射できるため、腕や足、背中などの面積の広い部位に適していると言えます。
ですが、産毛のようにあまりにも毛の薄い部分にはなかなか反応しづらいところがあるため、普通の人よりも毛が細くて薄いという人にとっては少し難しいかもしれません。
また、脇などの面積の狭い部位でも光脱毛やレーザー脱毛を行うことは可能ですが、脇毛に関しては他の毛と比べて太くて濃いということが言えるため、少し強めの痛みを伴うということが挙げられます。
そしてこれらの脱毛は永久脱毛ではないので、脇毛のように面積が狭く他よりも濃い毛が生えているようなところは、永久脱毛にしたいのならばニードル脱毛の方がおすすめだと言えます。
また、光脱毛とレーザー脱毛を比較すると光脱毛の方が値段も安く痛みもほとんど伴わないため、痛みに弱くて値段も安く済ませたいという人にはレーザー脱毛ではなく光脱毛の方をおすすめします。
いずれにしても、光脱毛とレーザー脱毛は短時間で一気に広範囲を脱毛できるというメリットがあるので、日頃カミソリで自己処理をしているような面積の広い部位に向いていると言えます。

ワキの脱毛をサロンで行いました

waki4ワキのムダ毛は夏のファッションでも気になる部分です。
つい見えてしまうということもあるので、思い切ってサロンで脱毛を行いました。
もう10年以上前になりますが、今でもムダ毛がない状態をキープすることが出来ています。
エステサロンの脱毛なので永久脱毛ではないのですが、それでも永久脱毛に近い仕上がりなんだと思います。

10年ほど前はエステサロンの脱毛もレーザーではなく、ニードルを使った方法が主流でした。
コストも時間もかかりましたし、通い始めた頃は痛みも感じていました。
それでもムダ毛がなくなるのであれば、と思って通い続けた結果、気になっていた黒ずみも解消させることができましたし、デコボコも気にならなくなりました。
スベスベのワキを手に入れることが出来たので、本当に良かったと思います。

足や腕は家庭用脱毛器で処理をしています。
最近では家庭用脱毛器も進化しており、繰り返し使うことによってムダ毛の量を全体的に減らすことができるものがあるそうです。
実際に使ってみると、確かにムダ毛の量は減ってきたのではないかな、と思います。
2週間に1回のペースで処理をしているのですが、お肌にもダメージが出ているわけではないので、安心して使うことができます。

家庭用脱毛器であれば、時間が空いた時に使うことができるので、サロンとは違い、予約を取る必要もありません。
気軽に使うことが出来るのも良い点だと思います。